スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル化

ニセコ104
1971.1 函館本線  目名~上目名  104レ


カラ-プリントは、そろそろ限界のようで、退色・変色がひどくなってきました。
早くデジタル化しなくては・・・



niseko.jpg
1971.1   長万部   103レ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

冬の長万部情景

         C62niseko3.jpg
         1971.1. 長万部駅


         このプリント、40年ぶりに見たような・・・

         1971年正月、C62急行「ニセコ」最後の冬を追ったときの1枚ですが、

         厳寒の長万部駅、103レ到着を待つ補機C622と照明に輝く構内がとても印象的でした。

         長い間忘れていた1枚でしたが、久々に昔の気持ちに帰ることができました。

         

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

SL準急「しらはま」

img525-2.jpg
1965 東和歌山駅(現 和歌山駅)   準急なんき1号(南海)・しらはま1号(C5761)


中・高校生時代、
休日に、鳳駅から直行に乗って東和歌山駅に行くのが、あの頃の「贅沢な旅」でした。

EF52やED60に牽引された南紀方面行き準急列車は、この駅からC57が牽きます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

機回し

img522-1.jpg
1969.12 和歌山市駅


40年以上前の和歌山市駅の様子です。
当時は、南海電車と国鉄(JR)のホ-ムが並んでいて、
紀勢本線の一部の列車や和歌山線の列車が発着していました。
今は、このホ-ムの様子も変わっているのでしょうね。


img524-1.jpg


機回し線に入るC58、奥の車両は、南海の1101系です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

王寺跨線橋

img440-1.jpg
1964. 関西本線 王寺  荷46レ C5779(奈)


昔の王寺駅付近です。
国道25号線の跨線橋から撮りましたが、
今この辺りは、どうなっているのかな?
堺市の自宅からここまでよく自転車で来ていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

撮影はお休み

下庄D51-1
1971.1  亀山~下庄  1891レ  


しばらくは撮影に出れませんので、古い写真が続きますが我慢して下さい。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

あの日の感動を想い出す

    karikati1.jpg
    1966.8 旧根室本線 新内~狩勝信号所

今日は、整理中の古い色褪せた写真から。
歳とともに若い頃の記憶は薄れていくようで、写真を見てもその時のことが
はっきり思い出せなくなってきました。
しかし、中には今も色褪せずに当時の熱い感動が甦る旅と風景があります。

その一つが、かつて『日本三大車窓』のひとつに数えられた根室本線の旧線区間
狩勝峠越えの風景です。この区間は1966年10月に廃線になりましたが、撮影はその年の夏でした。

雨降るなか、霧深い信号所に降り立ったときは、さすがに意気消沈。
それでも気を取り直し、視界が開ける所まで峠から歩くことにしたのです。
夏とは思えない冷たい雨に、唇を震わせながらひたすら先を急ぎました。
時折、上ってくる列車のドラフト音が近づいたり離れたり・・・延々と聞こえてきます。

雲の中をどれ程歩いたのでしょう。やっと周囲が見渡せるようになったとき、目を疑いました。
そこには、何度も夢見たΩル-プと大カ-ブが見えるではありませんか!
雨も、寒さも、空腹感もすべて忘れてこの大自然の舞台をただただ茫然と眺めていました。

遠く新内を発車する列車の本務機と補機の呼応し合う汽笛が聞こえてきます。
延々と続くドラフト音が次第に近づき、奥に見えるΩル-プにさしかかると、
狩勝の原生林にこだまします。回り込んでこの大カ-ブに列車がさしかかったときは、
体の震えが止まらぬままシャッタ-を押していました。

クライマックスは、やっぱり新得から乗った貨客仕立ての夜汽車。
本務機と補機の出発の汽笛は、まさしく狼の遠吠えのように聞こえます。
激しくそして切なく夜空にこだまする汽笛は、今も忘れることはありません。
最後尾の席で、補機のドラフトと振動を感じながら車窓から本務機の姿を眺めると、
投炭の度に夜空が赤く染まり、機関車が浮かびあがるのです。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

安栖里にて

       DSC_0271.jpg
       2012.5.26 安栖里~立木  はしだて7号


     「暑いでしょ、どうぞ日陰に入って下さい」と声をかけて下さったご婦人-、
     「この前も来ていたね」 畑仕事の手を休めて話しかけてくれるおばあさん-、
     「三峠山に行くにはねぇ-」親切に山道を教えて下さるご老人と息子さん-
     

     地元の人との出会いが、この長閑な風景に重なります。
     

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

来年はどうでしょう?

DSC_0402-1.jpg
2012.5.    胡麻~鍼灸大学前  はしだて7号



京丹波地方の田植シ-ズンも、ほぼ終わったようです。
水田地帯を駆け抜けていく国鉄特急色、
来年もまた見たいものですね。


DSC_0295-1.jpg
2012.5.    園部~船岡  きのさき1号

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

初登場

DSC_0542.jpg
2012. 6. 2     園部~船岡  きのさき10号


4両編成の381系を園部で見てきました。
軽快でスビ-ド感のある走行音、やっぱり183系とは違いますね。
車体も、国鉄色に塗り替えられてとても綺麗になっています。

当面、京都駅発着の381系は、きのさき10号と3号の1往復だけのようです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

4両編成の381系

DSC_0506.jpg
2012.5.31 下山~和知  きのさき6号


381系が今日から運用に入ったようですが、どうだったのかな?
4両編成で走る姿は想像できませんね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

kantera

Author:kantera
H.NはHAYASHI

兵庫県の但馬海岸沿いに走る
山陰本線の列車を5年ほど撮り続けています。
最近の撮影が中心ですが、宜しければ『旅気分』を楽しみながらご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。