10.9.24  乗り疲れ

DSC_4039.jpg
2010.9.23 津和野 

昨日の秋分の日は、夫婦で『JR西日本フリ-パス(15000円)』を使って1日中列車に乗ってきました。
乗った列車は、6本と宮島航路2便、新大阪から出発して・・

のぞみ601、広島~宮島口間普通列車で往復、のぞみ3、やまぐち号、ス-パ-おき4、やくも30、のぞみ98
(のぞみとやくもはグリ-ン車)

途中、宮島と津和野と松江ではプチ観光もしてきました。さすがに今日はちょっと乗り疲れ状態です。

今回は撮影の方はお休みにして乗る方で楽しみましたが、久しぶりにC571にも会えましたし、のぞみ
ややくものグリ-ン車にも乗れたので満足しました。

ところで、やまぐち号の人気には驚きました。車内は親子連れでいっぱいで賑やかなこと、
ここだけは少子化問題もどこの国の話やらと思ってしまう位でした。
ただ、心配なのは客車の状態で、かなり傷みが出てきているように見えます。大丈夫かな?


DSC_4069.jpg

2010.9.23 松江 宍道湖畔の夕日スポット 


次第にお天気は良くなってきたのですが、宍道湖の夕日は残念ながら見られませんでした。

  
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.21  前夜の海側俯瞰

DSC_1807.jpg
2010.7.15 餘部 185D

餘部鉄橋最終日を迎えた前夜、餘部の夜景をもう一度見ておきたくて海側俯瞰へ。
暗闇のなか蚊と闘いながらの1時間半でしたが、自分なりに『鉄橋との別れ』が出来た時間でした。

あれからもう2ヶ月が経ったのですね。
暫く残っていたトンネル側の2本の橋脚も、とうとう消えてしまいました。

DSC_1812.jpg
2010.7.15 餘部 






テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.20 彼岸の入り

DSC_0047.gif
2007.8.25 餘部

日没が早くなってきましたね。夕暮れで想い出すのは・・・

次第に暮色に染まる余部。撮影の最後は、よくここから鉄橋を渡る列車を眺めていたなぁ。
鮮やかな夕焼け空も美しいけれど、市午から見るこの薄紫の情景は忘れられない。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.19  観音山

DSC_3914.jpg
2010.9.19 浜坂 4D はまかぜ4号

今日は曇ってしまいましたね。でも、3時間ほどの撮影でしたが浜坂へ行ってきました。
途中、香住矢田川鉄橋や餘部を通ってきましたが、3連休ということもあってか結構撮影に来られていました。
『はまかぜ』がお目当てかな。

今日の撮影は観音山からの俯瞰撮影1本に絞りました。
観音山は、新田次郎著「孤高の人」の主人公加藤文太郎が結婚式直前に登った山としても知られています。
頂上からは日本海や浜坂の町が一望でき、とても良い眺めですよ。

            DSC_3928.jpg



餘部ではちょうど小学校で運動会。地区対抗の綱引きなど見物して帰ってきました。

DSC_3979.jpg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

想い出します

DSC_0018_edited-1.jpg
2007.10.28 餘部

やっと朝夕涼しくなり、秋の訪れを感じるようになりました。
今日は良い天気で撮影に出たかったのですが・・・、こんな日は想い出してしまいます。青い海と赤い橋脚を。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.18  単色化

DSC_1421.jpg
2010.7.5 竹野

豊岡の気動車たちも単色化が始まったようですね。タラコ色は好きなのですがこの赤も気に入っていたので、複雑な気持ちです。

DSC_9543.jpg
2010.7.5 餘部

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.11 『まつかぜ』と篠山口駅

img501.jpg
1964.11. 篠山口 7D まつかぜ

忙しい日が続き撮影に出られませんので、また古い写真をごそごそ整理しております。

1964年秋の福知山線篠山口駅です。大阪から福知山までノンストップで走る博多行き『まつかぜ』が朝日を受けて篠山口駅を通過していきます。当時『まつかぜ』は山陰本線を走る唯一の特急でした。全車指定席、食堂車を入れた10両前後の長編成で走っていたのですから、今では夢のような列車ですね。


img500.jpg
1964.11. 篠山口 

ホ-ムの端には、上り線下り線ともに給水塔がありました。
これは、確か下り線用の給水塔だったと思います。この古風で立派な煉瓦造りの給水塔が気に入ったのか何枚か撮っていました。


matukaze800-1.jpg
1964.3. 篠山口 1D まつかぜ

かなり変色した名刺サイズの写真も出てきましたが、こちらは画像の修正も出来ないので、保存するのは諦めました。ただ、広々とした当時の駅の雰囲気は出ているので紹介しておきます。まだ篠山線があった頃ですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.6  城崎の花火

DSC_2642のコピー
2010.8.4 城崎温泉 5D はまかぜ5号


城崎温泉では、夏のシ-ズン毎週火、木曜日に午後9時からおよそ10分間花火が打ち上げられていました。
ちょうど『はまかぜ5号』が城崎温泉駅9時11分着、9時12分発なので、タイミング良く停車中に花火も上がるのではないかと思い2度ほど駅に行ってみたのですが、どちらの時も花火が終わった後、定刻より少し遅れて『はまかぜ』が駅に入ってきました。結局期待はずれに終わったのですが、これは安全運行上の遅延だったのでしょうか?別の日はどうだったのでしょうね。


DSC_3520.jpg
2010.8.26 城崎温泉 

フィナ-レのスタ-マインも良い感じなんですが・・・・

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

諸寄港が見えましたよ

DSC_3878.jpg
2010.9.4 諸寄  532D

前日のところからクモの巣と闘いながら薮こぎして小さなピ-クに登ると、諸寄港が見えるポイントに出ました。
やっぱりこちらの方が良い眺めですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.4 快晴です

DSC_3889.jpg
2010.9.4 浜坂 4D はまかぜ4号

暑いけれど、素晴らしく大気の抜けが良い最高の天気です。
浜坂周辺もいよいよ稲刈りが始まったようで、刈り取り機があちこちで動いています。

浜坂駅を出発した『はまかぜ』は、この田園風景を見ながらスピ-ドを上げて桃観峠に向かいます。


DSC_3883.jpg
2010.9.4 浜坂駅 

『はまかぜ1号』が到着すると観光客や鉄道ファンで賑わう浜坂駅。思い思いに181系にカメラを向け楽しそうです。

いま豊岡浜坂間にタラコ色が入っているので、こんな並びも見られます。
さらに、3番線には鳥取行きのタラコも停車していますよ。

DSC_3868.jpg
2010.9.4 餘部 167D

余部にも立ち寄りましたが、こちらの稲刈りはまだのようです。
トンネル側に残っていた橋脚も、ついに解体されてしまったのですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.3 虫、虫

DSC_0050.jpg
2010.8.29 3D はまかぜ3号

はまかぜ3号6号の浜坂延長運転の最終日、久しぶりに矢田川で正面アップを
狙っていたのですが・・・、
近づいて来た正面を見てびっくり、虫のあたった跡がいっぱい付いているでは
ありませんか! これ以上引きつけた画像の紹介は止めておきましょう。


             DSC_3786.jpg
             2010.9.3 新大阪 団臨『おわら風の盆号』

             キハ181系『おわら風の盆号』も最後になるかも知れないと思い、今日新大阪に
             行ってきました。強い日射しのなか真逆光で縦軸流しをしてしまったのですが、
             普通はこんな撮り方はしないでしょうね。
             
             ところで、この列車の後部も虫の死骸がいっぱい付いていて凄かったです。昨夜
             大阪に向けて走っている時のものでしょうか、これでは後追い撮影も出来ません。
             

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

10.9.2 稲刈りの始まり

DSC_3767.jpg
2010.9.2 浜坂 4D はまかぜ4号

浜坂久谷間に広がる稲作地帯が収穫を前にして黄金色に輝きとても綺麗です。田圃の様子を見に来た百姓さんの話では、週末あたりから稲刈りが始まるとのこと。すでに刈り込んだところも一部見られましたが、この実りの風景は、もう少し楽しめそうです。


DSC_3722.jpg
2010.9.2 諸寄 531D

短時間でしたが、諸寄で俯瞰ポイントの下見もしてきました。諸寄の港と灯台が見えるところまで登ってみたいのですが・・・。
まあ、ゆっくり探してみます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

千々見山山頂から

DSC_3609.jpg
2010.8.29 浜坂 171D

前日紹介した俯瞰ポイントからさらに20分程度登ると、浜坂や諸寄の海が一望できる千々見山の頂上です。
小さいながらステンレス製の手摺が付いた立派な展望台も設けられています。
この展望台からも列車は撮れるのですが、下草や雑木が邪魔をして手前に引きつけて撮ることが出来ません。
とりあえず1枚撮ってみましたが、300mmレンズでも列車は米粒ほどの大きさにしかなりませんので、ここでの撮影は諦めました。

DSC_3594.jpg

千々見山展望台から浜坂側の眺めです。下の画像は諸寄側の風景です。

                          DSC_3590.jpg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

kantera

Author:kantera
H.NはHAYASHI

兵庫県の但馬海岸沿いに走る
山陰本線の列車を5年ほど撮り続けています。
最近の撮影が中心ですが、宜しければ『旅気分』を楽しみながらご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード