スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.2.27 雪降る餘部Ⅱ

DSC_4403_edited-3.jpg
09.1.11 餘部
 何度も撮っている冬の餘部ですが。撮っても撮っても変化があり感動があります。ここからの眺めもあと2年も経たぬうちに大きく変わります。この冬餘部で撮影したどんな写真も、大切に残しておきたい気持ちです。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.25 雪降る餘部

DSC_4369-1.jpg
09.1.11 餘部

  先月の11日、東京の知人と雪の餘部を撮影したことがありました。この日は夕暮れまで吹雪が
続いた一日でしたが、雪降る餘部を撮るチャンスはこの先そう無いだろうと決心し、ほとんど視界の
無いなかでしたが、『サイド』や『海側』という俯瞰ポイントにも登ってみました。
  結果は当然の如くで、殆どの列車は雪に遮られ姿は見えず、虚しくもただ通過音だけが聞こえて
くるだけでした。
 それでも1枚だけ鉄橋と列車が微かに浮かんだ程度のものですが、雪の餘部をとらえた写真があ
りました。たぶんこれが冬の『サイド』から撮る最後の画像になるかも知れませんね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.24  海鳴り

DSC_4486_edited-1.jpg
09.1.11 餘部

冬の日本海はよく荒れます。餘部の海岸にも4~5mの波が打ち寄せ、遠く白仙寺まで海鳴りが聞こえます。ド-ン、ド-ンと大地を打つ音です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.23 流し撮り

DSC_3403_edited-12.jpg
08.12.5 餘部
 最近、廃止間近の寝台特急『富士ぶさ』の夜間撮影に出ることがあります。高速で走る列車を
止めるため流し撮りを多用しているのですが、技術の未熟さをつくづく感じる昨今です。餘部でも
暗いときには流し撮りを使いますが、こちらはこちらで列車が低速すぎて逆に難しいものです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.21 新型

DSC_4358.jpg
09.1.11 宿南(信)
 
 キハ181系やその先輩格キハ82系が登場した頃を思い出すと、新型車両の登場は、誰もが魅力を感じ、いつか乗ってみたいと思う憧れの対象でしたね。82系が登場したときは、あの大きな曲面ガラスを使った前面がとても斬新で魅力的でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.20 勇退

DSC_4566_edited-1.jpg
09.1.14 鎧

 昨年の秋からキハ181系を意識して撮影してきましたが、新餘部橋梁完成時に合わせて引退という報道がついに出たそうです。一人の181系ファンとしては寂しい気持ちでいっぱいですが、車齢を考えればよく現在まで走ってくれたものです。
 今回の場合は、『出雲』の場合と違い、鳥取~城崎間の高速化と特急の増発や新製車両の導入が計画されているようですので、地元の利用者や観光客にとって喜ばしい報道です。廃止、廃止と鉄道の暗い話題が多いなか、正常進化の話題は歓迎すべきことなのでしょう。
 望むなら、新型車両が過去の大量輸送重視の考え方にとらわれず、大阪から車で3時間以上かけて疲れながら走るより、遙かに快適で誰もが『乗りたいなあ』と思わせる魅力ある特急車両を作って欲しいものですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.19 俯瞰

DSC_5159のコピー
09.1.28 鎧
 山が海岸線近くまで延びて鋭く海に落ち込む、それがこの地方の地形です。それらの名もない山々に登ってみるのも楽しみの一つにしています。登山道というほどの道もなく、獣道や藪こぎをしながら稜線にたどり着くのですが、樹木が遮ってなかなか展望のきくところは簡単には見つかりません。偶然にも絶景ポイントに出会った時などは、まさに宝物を見つけたような気分です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.14 踏切にて

DSC_4544.jpg
09.1.14 香住

昼下がりの香住駅です。駅のはずれの踏切から撮りましたが、どこか懐かしい眺めです。そうそう駅近くの踏切りは昔から汽車好きの子どもにとって指定席でしたね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.13 香住

DSC_5125.jpg
09.1.28 香住

香住の町を一望できるところといえば庵月山が有名ですが、この柴山寄りの高台からの眺めも魅力があります。遠くに雪の九斗山や周辺の山々を背景にした町の風景が好きで、時々ここに登ってみます。
 しかし撮影となると、手前が宅地として造成中なのでこのままでは雰囲気がもう一つです。雪景色になればその問題も解決するのですが、今冬にそのチャンスは無さそうですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.11 雪待ち

DSC1111.jpg
08.11.21 佐津 試雪列車
DSC1112.jpg
08.11.21 餘部
 2月に入ってから雪の便りがありません。7日に餘部を訪ねたときも、わずかに九斗山方面の山々に雪が見られる程度です。餘部鉄橋の冬景色は今冬が最後の撮影チャンス、このまま春が訪れるのでしょうか。
 昨年、ラッセルが除雪で餘部鉄橋を渡ったのは1回だったとのこと、今年は・・・。
 

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.8 タラコ色

DSC_5341_edited-1.jpg
09.2.7 餘部

 昨日は久しぶりの餘部訪問です。1ヶ月近く間が空くと「しばらく行っていないなぁ~」という感じになります。今回は鳥取のタラコ色キハ47の1両が豊岡に入ったということで、この車両に会うことも楽しみの一つでした。
 初対面は『はまかぜ1号』の前を走る171Dで、しかも嬉しいことに47系のトップナンバ-とペアでやって来ました。昔からタラコ色にはあまり良い印象は持っていなかったのですが、久しぶりに見る印象は「こんなに明るくて綺麗な色だったかなぁ~」と驚いてしまいました。いつまで運用されるのか分かりませんが、写欲をそそる車両がまた一つ増えました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.6 はまかぜ

DSC_4570.jpg
09.1.14 鎧

 この顔が好きで何度も但馬の方へ通っているのですが、車体がご覧のような『JR西のア-バン色』なので、曇天や雪の日には本当に泣かされます。でもそれだけに日本海の波と砂丘を表すHMが印象的に映ります。このHMのデザインがとても好きです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.4 あと10日

DSC_4597_edited-1.jpg
09.1.14 竹野

  但馬のカニシ-ズンは、鉄道では181系特急の増発シ-ズンでもあります。『かにカニエクスプレス』の運転や土休日の『はまかぜ3.6号』浜坂延長運転など、更に編成が6両、7両の長編成、という181系特急が好きな者にとって本当に嬉しい季節です。
残すところあと10日程になりましたが、最低もう1回は雪の中を走る姿を撮影したいと思っているのですが、チャンスはあるかな。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.3 DLも・・・

DSC_2459.jpg
08.11.9  餘部

 昨年の秋に運転された『だんだん山陰号』。最近DD51牽引の列車を見てないなぁ~。
キハ28.58系の『あまるべマリン』も嬉しいのですが、春の臨時列車にDL牽引の列車も走らせてくれたら、と考えてしまうのは欲張りかな。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

09.2.2 国鉄色

国鉄色キハ28系
08.10.14 竹野

 これは昨年秋の『あまるべマリン号』です。国鉄色28.58系が餘部鉄橋を渡る最後の機会になるのではと話題になりましたが、嬉しいことに、この春再びその姿が見られそうです。
 JR西が先日発表した『春の臨時列車』によると、春からの「兵庫デスティネーションキャンペーン」に合わせて、豊岡~浜坂間に国鉄色28.58系やエ-デル65系を使って『あまるべマリン号』を運転するとのこと。
期間は、4月から6月末までの土休日に運転ですから長期間楽しめますね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

kantera

Author:kantera
H.NはHAYASHI

兵庫県の但馬海岸沿いに走る
山陰本線の列車を5年ほど撮り続けています。
最近の撮影が中心ですが、宜しければ『旅気分』を楽しみながらご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。